2009年05月16日

キャッシングの知識 返済の種類2

キャッシングの場合でよく見かけるのが「元金定額返済方式」 と呼ばれる返済方式です。


「元利定額返済方式 」と名前が似ているのですが全く内容が異なります。


元金が一定、つまり返済する一定の元金と借り入れしている全体の利息を返済していく方式です。


どういった違いがあるかと言うと「元利定額返済方式」の場合利息まで含めての毎月の返済額が


決まっているためにキャッシングしている金融業者にはわかりやすい反面、返済している側にとっては


分かりづらいキャッシング方式でした。


「元金定額返済方式」の場合だと元金の支払いは常に一定なので毎月の返済額は毎月変わるものの


返済できている金額は毎月同じなので確実に返済できているのが分かるのです。


ただし、この場合だとキャッシングして初めの頃の返済金額が大きく負担に


なってしまうことが非常に多いのでその点は注意が必要です。


また、この返済方式が最も採用されているのはコーポレートローンと呼ばれるキャッシングサービスです。


キャッシングの債務の注意は必要ですが「元金定額返済方式」が最も理想的な返済方式ではないでしょうか?


どの返済方式なのかで返済プランも変わってくるのでキャッシングの際は必ず注意するようにしましょう。<



posted by プレコ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | キャッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。